憧れがドリームに変わり全容となるために

昔、凄まじくなったらこう恋い焦がれるという「お願い」をもちましていましたか?

ぼくは5年齢で野球を始めたのですが、周囲の上手な人達を見て、だんだん同じように賢く恋い焦がれるという夢見るようになりました。
そうして、自然と将来は名人野球アスリートになりたいというお願いを抱きつくようになりました。
結果的に外傷が原因でそのお願いは適えることができなくなりましたが、とある夢のような事件がぼくに起きたのです。

修了を控えた高校生3年生のある日、忽ちぼくは馴染みに呼び出されついて行くって、会合室では師範や部活の援助らが記者に扮し、名人野球のデザイン会合を実現し、私の昔から抱いていたお願いを叶えてくれたのです。
至極面白く本当に夢のような一時で、ふっと皆の予行で嬉し泣きを通じてしまいました。

高校生3カテゴリーの夏フェスティバル直前に突然の外傷で思惑を失い、落ち込んでいたぼくを見かねた援助らが、13通年精一杯頑張ってきた野球って心地よくお別れをするキッカケを作ってくれたのです。
最新お願いを探し出し、目新しい一歩を踏み出さなければという胸中にさせてくれました。
援助らには感激の胸中しかありません。

お願いにかけて努力することは、絶対に無駄口ではありません。
お願いを見つけ育て上げることが、お願いを叶える手なのですから。公式サイトはこちら