中山道の激しい峠は、関東という信濃をいる碓井峠の土産。

現在のういういしい人達は、知らないと思いますが。リゾート(軽井沢)という関東の安中市で横川/関所)という坂本宿場から越える峠を言われている。日本橋から街道の中でも、非常に辛い峠です。箱根も同様ですが。そこを走る国号18号線は、坂本から軽井沢までの放物線が、手広く。又、野生の猿や熊等も現れるとこだ。地下鉄は、撤廃されたが、津々浦々初のアブト品種(列車の下に歯車備え、上下)で、違い隔たりの大きな事だ。両駅舎で特別な列車を使う)その後、強力列車(磁気)で圧すみたいなる。現在は、風呂を運行しております。どんどん、バイパス道路で行く点出来ますので、通行列車は、減少しました。ここに、ライダーの運営トレードを戦う事だ。注意すべきところです。碓井湖から昔の中山道は、離れ、薄暗い、杉林や坂の違いが、増すところです。その後、熊野神社へ来る。群馬傍って長野側に残る。そこから北軽井沢へすすむ。国道18号も今は、静粛で、うら寂しい状況ですが、以前は、スキー道もこういう峠と放物線を超えて、長野のスキー地へ行く。更に、秋の紅葉機会は、素晴らしいです。又、途中にレンガ考察のメガネ橋もあり、達することも出来ます。そういった道路で、明治からリゾート(軽井沢)を行き来していた。国道でした。http://xn--u8jb5h4eph8bm8du126bhyb057g92rz4y.com/